電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

前妻の子に遺産を相続させない方法はある? 遺産分割・遺留分の注意点

2021年09月21日
  • 遺産を残す方
  • 前妻の子
  • 相続させない方法
前妻の子に遺産を相続させない方法はある? 遺産分割・遺留分の注意点

保健統計年報 令和2年版(令和元年統計資料)の人口動態統計データによると、令和元年(2019年)中の仙台市における出生数は7786人、死亡数は9117人で、1331人の自然減少となりました。また、婚姻数が減少したのに対し、離婚数は増加しています。

ご家族などが亡くなると相続が発生しますが、故人が再婚しており、前妻との間に子どもがいた場合、相続関係が複雑になることがあります。離婚から時間がたっている場合や、前妻との関係性が極めて悪い場合には、故人と前妻との間に生まれた子どもと疎遠になってしまっていることもあるでしょう。日常生活においては問題にはなりませんが、相続の場面では前妻の子どもの相続権に注意しなければなりません。再婚後の家族に遺産をすべて譲り渡したいと考えていても、前妻の子どもが相続権を主張することは十分に考えられます。

この記事では、前妻の子どもに遺産を相続させない方法について、遺産分割や遺留分に関する注意点とともに、ベリーベスト法律事務所 仙台オフィスの弁護士が解説します。

1、相続権の基本的な考え方

被相続人(財産を残す人)が亡くなった場合、誰が相続権を有するかについては、民法上のルールに従い決定されます。
まずは、相続権の基本的なルールについて解説します。

  1. (1)相続権の順位・決定方法

    民法のルールに従うと、被相続人の親族構成に応じて、次の者に「相続権」が認められます。

    ● 常に相続人となる
    配偶者

    ● 配偶者以外の相続順位
    ① 子どもがいる場合……子ども
    ② 子どもがおらず、直系尊属がいる場合……直系尊属(父母・祖父母など)
    ③ 子ども・直系尊属がおらず、兄弟姉妹がいる場合……兄弟姉妹


    各相続人の「法定相続分」も、民法の規定に基づき決定されます(民法第900条)。

    ● 配偶者および子どもが相続人
    配偶者:2分の1
    子ども:2分の1

    ● 配偶者および直系尊属が相続人
    配偶者:3分の2
    直系尊属:3分の1

    ● 配偶者および兄弟姉妹が相続人
    配偶者:4分の3
    直系尊属:4分の1


    ※同一資格の者が複数いる場合は、その者の間で相続分を案分します。
    ※相続開始時点で胎児であった者にも、生きた状態で生まれることを条件として、上記に基づき相続権が認められます。

  2. (2)前妻の子どもにも相続権は認められる

    前述のとおり、被相続人に子どもがいる場合、その子どもは相続人となります。
    配偶者は常に相続人となりますが、前妻とはすでに離婚しているので、前妻自身には配偶者としての相続権は認められません

    これに対して、たとえ離婚をしても、被相続人と前妻の子どもとの間に存在する親子関係が消滅するわけではありません。よって、前妻の子どもには、被相続人の子どもとしての相続権が認められます

    つまり、前妻の子どもには、遺産分割協議に参加して、遺産の分割を請求する権利があるということになります。そのため、もし前妻の子どもに遺産を渡したくないと考える場合には、何らかの対策を打っておくことが必要です。

2、前妻の子どもに遺産を相続させない方法|遺言書の作成

被相続人となる方が、前妻の子どもに遺産を相続させたくないと考える場合、遺言書を作成して遺産の配分を指定することが有効な対策となります。

被相続人は、各相続人が有する法定相続分にかかわらず、遺言によって自ら所有する財産を処分することが認められています(民法第964条)。
これを「遺贈」といいます。

遺贈には、「包括遺贈」と「特定遺贈」の2種類があります。

【包括遺贈】
遺産を割合的に指定して行われる遺贈です。
(例)遺産の3分の1を長男Aに遺贈する

【特定遺贈】
対象となる遺産を特定して行われる遺贈です。
(例)○○所在の不動産Xを長男Aに遺贈する


このように、生前の元気なうちに、どのように遺産を分けたいかを熟考したうえで、遺言書を作成しておくとよいでしょう。

3、前妻の子どもの相続における注意点

遺言書で、前妻の子どもの相続分をゼロと指定したとしても、遺留分対策は別途行う必要があります。
遺留分対策を十分に行わないと、相続人が前妻の子どもから「遺留分侵害額請求」(民法第1046条第1項)を受けた場合、結果的に前妻の子どもへ遺産が渡ってしまうことになります

  1. (1)遺留分と相続の関係

    遺留分とは、兄弟姉妹以外の法定相続人に認められた、相続できる遺産の最低保証額を意味します(民法第1042条第1項)。

    相続人に認められる遺留分の割合は、次のとおりです。

    ● 直系尊属のみが相続人である場合
    法定相続分の3分の1

    ● 上記以外の場合
    法定相続分の2分の1


    相続人が複数いる場合には、この遺留分の割合に法定相続分割合を掛けたものが、各相続人が具体的に得ることができる遺留分額になります(民法第1042条第2項)。

    前述のとおり、被相続人は遺言により、自ら所有する財産を自由に処分することができます。しかし、遺言によって偏った遺産配分が行われた場合、相続人間の公平を欠く結果となるうえ、法定相続人が有する相続への合理的期待が害されてしまいます。

    そこで、各法定相続人に「遺留分」を認めることで、『被相続人の意思』と『相続人の利益』の間で調整が図られているのです。

    遺留分未満の遺産しか受け取ることができなかった相続人は、他の相続人・受遺者・受贈者に対して「遺留分侵害額請求」を行うことができます。遺留分侵害額請求を行うと、被相続人から財産を多く受け取った相続人・受遺者・受贈者から、遺留分額に相当する金銭の支払いを受けられます

    たとえば、遺言により前妻の子どもの相続分をゼロとしたとします。しかし、前妻の子どもが遺留分侵害を主張し、ほかの相続人などに対して遺留分侵害額請求を行った場合は、前妻の子どもが有する遺留分の額だけは支払わなければならない、ということになります。

  2. (2)遺留分の対策

    前妻の子どもからの遺留分侵害額請求に対して対策を講じることは可能ですが、どの方法にも一長一短があるため、慎重に検討することが大切です。

    ● 前妻の子どもに遺留分を放棄してもらう
    遺留分は、権利者の選択によって放棄することが認められています。
    前妻の子どもが遺留分を放棄すれば、財産を渡す必要がなくなるため問題は解決するでしょう。ただし、遺留分の放棄を強制することはできないので、前妻の子どもの理解を得る必要があります。

    なお、被相続人の生前に遺留分を放棄する場合は、家庭裁判所の許可が必要となる点に注意が必要です(民法第1049条第1項)。

    ● 前妻の子どもに相続放棄をしてもらう
    前妻の子どもが相続放棄をすると、当初から相続人にならなかったものとみなされるため、遺留分についても消滅します。

    ただし遺留分の放棄と同様、相続放棄についても前妻の子どもが任意に判断する事項ですので、強制はできません。

    ● 生命保険を活用する
    生命保険の保険金は、原則として遺留分侵害額請求の対象外です。
    そのため、生前に生命保険に加入し、遺産を多めに与えたい相続人などを受取人に指定しておけば、再婚した家族にしっかりと財産を残すことができます。

    ただし、生命保険金があまりにも高額な場合、遺留分侵害額請求の対象となってしまう可能性がある点に注意が必要です(最高裁 平成16年10月29日)。

    ● 生前贈与をして相続財産を減らす
    遺留分の算定は、相続財産の金額を基礎として行われるため、生前贈与によって相続財産を減らすことで、結果として遺留分を減らすことにつながります。

    ただし、法定相続人に対する生前贈与は相続開始前10年間、それ以外の者に対する生前贈与は相続開始前1年間に行われた場合、遺留分算定の基礎とされてしまいます(民法第1044条第1項、第3項)。
    そのため、生前贈与による遺留分対策は、できる限り早い段階で着手することが大切です。

4、生前の相続対策は弁護士に相談

前妻の子どもに財産を残さないようにするためには、単に遺言書を作成して相続分をゼロにするだけでなく、適切な遺留分対策を講ずる必要があります。
遺留分対策は、相続に関する具体的な事情を踏まえて、法的な検討を十分に行うことが大切です。そのため、弁護士に相談することをおすすめします。

ベリーベスト法律事務所では、ご家族のご事情や財産状況、被相続人の方のご希望を丁寧に伺ったうえで、適切な相続対策をご提案します。また、実際の相続発生時に遺留分侵害額請求が問題となった場合、相続人であるご家族が困らないよう、紛争解決のために交渉・訴訟手続きなどを代行することが可能です。

生前対策と相続手続きを一括してサポートしてもらいたい方は、ぜひベリーベスト法律事務所までご相談ください。

5、まとめ

前妻の子どもは相続権を有するため、財産を相続させたくない場合には、遺言書によって相続分を指定したうえで、状況に応じた遺留分対策を講ずることが必要です。

ベリーベスト法律事務所 仙台オフィスでは、生前の相続対策から実際の相続手続きまで、トータルでサポートしております。また、ベリーベストグループには税理士も在籍しているので、相続税についてご相談いただくことも可能です。
相続に関するお悩みやご不安を抱えている場合は、ぜひ一度、ベリーベスト法律事務所 仙台オフィスにご相談ください。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >
メールでのお問い合わせ

仙台オフィスの主なご相談エリア

【宮城県】
仙台市青葉区、仙台市宮城野区、仙台市若林区、仙台市太白区、仙台市泉区、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、刈田郡蔵王町、刈田郡七ケ宿町、柴田郡大河原町、柴田郡村田町、柴田郡柴田町、柴田郡川崎町、伊具郡丸森町、亘理郡亘理町、亘理郡山元町、宮城郡松島町、宮城郡七ケ浜町、宮城郡利府町、黒川郡大和町、黒川郡大郷町、黒川郡富谷町、黒川郡大衡村、加美郡色麻町、加美郡加美町、遠田郡涌谷町、遠田郡美里町、牡鹿郡女川町、本吉郡南三陸町

【福島県】
福島市、二本松市、伊達市、本宮市、郡山市、須賀川市、田村市、白河市、会津若松市、喜多方市、相馬市、南相馬市、いわき市、桑折町、国見町、川俣町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、三春町、小野町、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津坂下町、柳津町、三島町、金山町、会津美里町、下郷町、只見町、南会津町、広野町、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、新地町、大玉村、天栄村、玉川村、平田村、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村、北塩原村、湯川村、昭和村、檜枝岐村、川内村、葛尾村、飯舘村

【山形県】
尾花沢市、上山市、寒河江市、酒田市、新庄市、鶴岡市、天童市、長井市、南陽市、東根市、村山市、山形市、米沢市、寒河江市、上山市、天童市、東根市、尾花沢市、新庄市、米沢市、長井市、南陽市、鶴岡市、酒田市、朝日町、飯豊町、大石田町、大江町、小国町、金山町、河北町、川西町、庄内町、白鷹町、高畠町、中山町、西川町、舟形町、真室川町、三川町、最上町、山辺町、遊佐町、山辺町、中山町、河北町、西川町、朝日町、大江町、大石田町、金山町、最上町、舟形町、真室川町、高畠町、川西町、小国町、白鷹町、飯豊町、三川町、庄内町、遊佐町、大蔵村、鮭川村、戸沢村、村山市、村山市、大蔵村、鮭川村、戸沢村

【岩手県】
盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町

【秋田県】
鹿角市、大館市、北秋田市、能代市、秋田市、男鹿市、潟上市、由利本荘市、にかほ市、大仙市、仙北市、横手市、湯沢市、小坂町、藤里町、三種町、八峰町、五城目町、八郎潟町、井川町、美郷町、羽後町、上小阿仁村、大潟村、東成瀬村

【青森県】
青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市、平内町、今別町、外ヶ浜町、鰺ヶ沢町、深浦町、藤崎町、大鰐町、板柳町、鶴田町、中泊町、野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、おいらせ町、大間町、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、蓬田村、西目屋村、田舎館村、六ヶ所村、東通村、風間浦村、佐井村、新郷村

上記地域にお住まいの方

ページ
トップへ