電話でのご相談予約はこちら

0120-359-190

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

プライベートで飲酒運転したことを理由にした懲戒解雇は認められる?

2021年12月14日
  • 不当解雇・退職勧奨
  • 飲酒運転
  • 懲戒解雇
プライベートで飲酒運転したことを理由にした懲戒解雇は認められる?

宮城県警察が公表している『市区町村別の交通事故発生件数』によると、令和2年度に仙台市内の住民で、飲酒運転の取り締まりを受けた人数は126人でした。そのうち、飲酒運転によって交通事故を起こした人数は17人だったそうです。

飲酒運転に対しては、罰則の強化が進むだけではなく、社会全体の意識も高まっているものの、残念ながら毎年一定数の違反者や悲惨な事故が生じています。

交通違反や事故を起こすと行政処分として、いわゆる「切符」を切られるほか、事故の様態によっては刑罰に問われることもあります。では、プライベートで飲酒運転による取り締まりを受けたことを理由に、会社を懲戒解雇されることはあるのでしょうか。

今回は、プライベートで飲酒運転したことを理由にした懲戒解雇が認められるのかについて、ベリーベスト法律事務所 仙台オフィスの弁護士が解説します。

1、業務時間外の飲酒運転も懲戒解雇の対象?

  1. (1)プライベートは原則として懲戒処分の対象にはならない

    休日や業務時間外の行動は、労働者のプライベートな時間ですので、使用者が介入することができない領域です。そのため、労働者がプライベートにおいて、何らの違反行為(たとえば、交通事故や交通違反)があったとしても懲戒処分の対象にはならないのが原則です。

    しかし、労働者はプライベートであれば何をしてもよいというわけではありません。
    労働者は、信義則上、使用者の業務利益や信用・名誉を毀損しないという誠実義務を負います。プライベートにおける行動が誠実義務に違反して、企業の円滑な運営に支障をきたすおそれがあるなど、企業秩序に影響を及ぼす場合には、懲戒処分の対象になることがあります

    特に、飲酒運転については、刑法上も危険運転致死傷罪が設けられるなど社会の目が厳しくなっていることもあるため、飲酒運転が発覚した場合には厳格に対応するという企業も増えてきていると考えられます。
    そのため、たとえプライベートだったとしても飲酒運転をしたことが会社に知られてしまった場合は懲戒処分を受ける可能性があり、悪質なケースでは懲戒解雇の対象になることもあるでしょう。

    なお、懲戒処分の該当性を判断するにあたっては、次のような点を総合的に考慮することになります。

    • 行為者の属性(職種、役職など)
    • 行為の状況・内容(飲酒の量、被害の有無、事故後の対応など)
    • 社会的影響の有無・程度、
    • 就業規則の規定の有無
      など
  2. (2)道路交通法における飲酒運転|酒酔い運転と酒気帯び運転

    ひとくちに飲酒運転といっても、状況はさまざまです。そのため、企業によっては道路交通法における「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」に分けて、懲戒処分の罰則を規定していることがあります。
    両者の違いは、次のとおりです。

    • 酒酔い運転
      アルコールの影響により、ろれつが回らない、まっすぐに歩行できないなど、客観的にみても酔っており、正常な運転ができない状態を指します。体内に保有するアルコール量は問われません。
    • 酒気帯び運転
      体内に保有するアルコールが、呼気1リットルにつき0.15mg以上の状態を指します。

2、懲戒処分の種類

会社によって名称の違いなどはあるものの、一般的な懲戒処分の種類について確認していきましょう。

  1. (1)戒告(かいこく)

    戒告とは、問題を起こした労働者に対して、口頭や書面において厳重注意する処分です。一般的に、戒告は労働者に対して実質的な不利益を課すものではないため、懲戒処分のなかでは、軽い処分とされています。
    ただし、昇給、昇格といった人事考課や査定において、不利益に考慮されることがあるほか、過去に複数回にわたり戒告処分を受けていた場合には、より重い懲戒処分が課されることもあります。

    なお、似た処分としてけん責(譴責)という処分があります。
    一般的には、戒告は口頭等での注意のみで始末書の提出は求められず、けん責は始末書の提出を求められることが多いとされます。
    ただし、これらは労働基準法で定められているわけではないため、すべての会社が同様の処分であるとは限りません。処分内容については、自社の就業規則を確認する必要があるでしょう。

  2. (2)減給

    減給とは、本来支払われるべき賃金額から、一定額を控除する処分のことをいいます。
    減給については、労働基準法第91条において上限額が規制されています。

    なお、遅刻や欠勤を理由に、その時間分の給料が支払われなかった場合、減給処分になったと考えるかもしれません。しかし、遅刻や欠勤によって労働をしていない場合には、そもそも賃金請求権が発生していません。そのため、このようなケースは減給処分にはあたらないでしょう。

  3. (3)出勤停止(自宅謹慎、懲戒休職)

    出勤停止とは、労働契約を存続させつつ、就労を一定期間禁止する処分のことをいいます。出勤停止期間中は賃金が支払われず、退職金算定にあたっては勤続年数に算入されないことが多いでしょう。
    なお、犯罪行為の嫌疑が発覚し、その処分決定までの調査期間中、懲戒処分ではなく業務命令として自宅待機が命じられることがあります。

  4. (4)降格・降職

    降格とは、制裁の目的で労働者の職能資格や等級を引き下げる処分のことをいい、降職とは、職位を引き下げる処分のことをいいます。
    降格や降職に伴って、役職手当や基本給の減額が生じることがあります。

  5. (5)諭旨(ゆし)解雇

    諭旨解雇とは、懲戒解雇相当の事由が認められる場合でも懲戒解雇とはせず、退職届を提出させ退職させる処分のことをいいます。
    形式上は辞職による退職になるため、退職金が支払われることもあるでしょう。

    退職届を提出するかどうかは労働者の意思に最終的に委ねられますが、一定期間内に退職届を提出しない場合には、懲戒解雇がなされることが多いです。

  6. (6)懲戒解雇

    懲戒解雇とは、重大な企業秩序違反があった場合に制裁としてなされる解雇であり、懲戒処分のうちでもっとも重い処分です。
    解雇予告や解雇予告手当の支払いもなく即時解雇とることがあり、退職金も減額または不支給となることが多いでしょう。

3、懲戒解雇の対象となり得るケース

次にあげるような職業に従事している場合は、プライベートで飲酒運転をしたことを理由に、懲戒解雇が認められる可能性があるため注意が必要です。

  1. (1)車の運転に携わる職業である場合

    バス運転手やタクシー運転手など、日頃から業務として車の運転に携わっている方がプライベートで飲酒運転をした場合には、懲戒処分の対象になるおそれがあります。

    このような職業に従事している方が飲酒運転をした場合には、テレビや新聞などのメディアに取り上げられることが高く、会社の信用や名誉などの社会的評価が毀損されるおそれがあり、顧客離れなどの具体的な不利益が生じる可能性があります
    そのため、飲酒運転によって人身事故など重大な結果を生じさせたケースでは、もっとも重い処分の懲戒解雇が認められることもあるでしょう。

    ただし、バス会社やタクシー会社に勤務していても運転業務とは関係ない部署におり、具体的な被害が生じていない、または物損事故にとどまるといったケースにおいて懲戒解雇された場合は、相当性を欠くとして懲戒解雇を争う余地があります。

  2. (2)公務員による飲酒運転であった場合

    民間企業に勤務する労働者と異なり、公務員は国民全体の奉仕者としての立場があります。そのため、公務員の方が飲酒運転をした場合には、従事する業務を問わず、厳しく責任を問われることになるでしょう。
    プライベートであったとしても、大量のアルコールを摂取したうえで車の運転を行い、重大な事故を引き起こしたなど悪質性の高いケースでは、懲戒免職(民間企業における懲戒解雇と同義)がなされることが大いにあり得ます。

4、不当解雇への対処法

飲酒運転によって懲戒解雇をされた場合には、その内容や経緯によっては処分の撤回を求めて争う余地があります。

  1. (1)解雇理由証明書の取得

    懲戒解雇を争うためには、まずは、どのような理由によって解雇されたかを明らかにする必要があります。まずは会社に対して、解雇理由証明書の発行を請求するようにしましょう。

    解雇理由証明書とは、会社が労働者を解雇した理由が記載された書面です。労働者から発行の請求があった場合には、使用者は遅滞なく交付しなければなりません(労働基準法第22条2項)。
    労働者が請求しなければ発行されない場合がよくあるため、懲戒解雇の処分を受けた場合には、必ず請求するようにしましょう。

  2. (2)弁護士に相談

    懲戒解雇に納得ができない場合には、会社に対して懲戒解雇の撤回を求めていくことになります。しかし、処分を受けた労働者の側から、単に撤回を求めるように要求をしたとしても、会社側は応じないケースが多いでしょう。

    また、労働者が個人で会社と交渉することは、簡単なことではありません。ましてや、自身が飲酒運転をしてしまったという負い目があれば、なおさらでしょう。しかし、懲戒解雇によって職を失えば、生活に大きな影響を及ぼすことになってしまいます。

    懲戒解雇に納得がいかない場合には、弁護士に相談をすることをおすすめします。
    懲戒解雇は労働者にとって重大な不利益を課す処分であることから、その有効性については、厳格に判断されることになります。そのため、たとえ飲酒運転が事実であったとしても、懲戒解雇の無効を争う余地があるのか検討した方が良いでしょう。

    弁護士は、しっかりとヒアリングを行い、まずは懲戒解雇に妥当性があるかを判断します。そのうえで、代理人として会社と直接交渉し、懲戒解雇の撤回を求めるよう働きかけを行います。
    任意の交渉による解決が困難な場合は、労働審判や裁判などの法的手段を講じることによって、問題解決まで徹底的にサポートすることが可能です。

5、まとめ

プライベートで飲酒運転をしてしまい、それが会社の知ることになり、会社から受けた処分に納得がいかない場合には、まずは弁護士に相談をするとよいでしょう。

懲戒解雇などの労働問題でお悩みの方は、ベリーベスト法律事務所 仙台オフィスまでお気軽にご相談ください。
仙台オフィスでは、仙台市をはじめとする宮城県全般はもちろんのこと、福島県、山形県、岩手県、秋田県、青森県にお住まいの方からのご相談もお受けしております。
また、事務所に直接お越しいただくことが難しい場合は、オンラインでの相談にも応じております。まずはお気軽にお問い合わせください。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-359-190

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >
メールでのお問い合わせ

仙台オフィスの主なご相談エリア

【宮城県】
仙台市青葉区、仙台市宮城野区、仙台市若林区、仙台市太白区、仙台市泉区、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、刈田郡蔵王町、刈田郡七ケ宿町、柴田郡大河原町、柴田郡村田町、柴田郡柴田町、柴田郡川崎町、伊具郡丸森町、亘理郡亘理町、亘理郡山元町、宮城郡松島町、宮城郡七ケ浜町、宮城郡利府町、黒川郡大和町、黒川郡大郷町、黒川郡富谷町、黒川郡大衡村、加美郡色麻町、加美郡加美町、遠田郡涌谷町、遠田郡美里町、牡鹿郡女川町、本吉郡南三陸町

【福島県】
福島市、二本松市、伊達市、本宮市、郡山市、須賀川市、田村市、白河市、会津若松市、喜多方市、相馬市、南相馬市、いわき市、桑折町、国見町、川俣町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、三春町、小野町、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津坂下町、柳津町、三島町、金山町、会津美里町、下郷町、只見町、南会津町、広野町、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、新地町、大玉村、天栄村、玉川村、平田村、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村、北塩原村、湯川村、昭和村、檜枝岐村、川内村、葛尾村、飯舘村

【山形県】
尾花沢市、上山市、寒河江市、酒田市、新庄市、鶴岡市、天童市、長井市、南陽市、東根市、村山市、山形市、米沢市、寒河江市、上山市、天童市、東根市、尾花沢市、新庄市、米沢市、長井市、南陽市、鶴岡市、酒田市、朝日町、飯豊町、大石田町、大江町、小国町、金山町、河北町、川西町、庄内町、白鷹町、高畠町、中山町、西川町、舟形町、真室川町、三川町、最上町、山辺町、遊佐町、山辺町、中山町、河北町、西川町、朝日町、大江町、大石田町、金山町、最上町、舟形町、真室川町、高畠町、川西町、小国町、白鷹町、飯豊町、三川町、庄内町、遊佐町、大蔵村、鮭川村、戸沢村、村山市、村山市、大蔵村、鮭川村、戸沢村

【岩手県】
盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町

【秋田県】
鹿角市、大館市、北秋田市、能代市、秋田市、男鹿市、潟上市、由利本荘市、にかほ市、大仙市、仙北市、横手市、湯沢市、小坂町、藤里町、三種町、八峰町、五城目町、八郎潟町、井川町、美郷町、羽後町、上小阿仁村、大潟村、東成瀬村

【青森県】
青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市、平内町、今別町、外ヶ浜町、鰺ヶ沢町、深浦町、藤崎町、大鰐町、板柳町、鶴田町、中泊町、野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、おいらせ町、大間町、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、蓬田村、西目屋村、田舎館村、六ヶ所村、東通村、風間浦村、佐井村、新郷村

上記地域にお住まいの方

ページ
トップへ