電話でのご相談予約はこちら

0120-359-186

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

贈賄罪(ぞうわいざい)とは? 構成要件と賄賂に関する罰則

2021年09月30日
  • 財産事件
  • 贈賄罪
  • 構成要件
贈賄罪(ぞうわいざい)とは? 構成要件と賄賂に関する罰則

公務員の不正事案は明るみに出れば大々的に報じられますが、その背景には賄賂を贈る側が必ず存在しています。公務員に賄賂を贈る行為は、法律によって厳しく規制されているため、逮捕・刑罰を受けるおそれが非常に高いものです。

このコラムでは、公務員に賄賂を贈った場合に成立する「贈賄罪」に注目しながら、贈賄罪が成立する要件や「収賄罪」との関係、容疑をかけられて逮捕されてしまった場合の流れなどを仙台オフィスの弁護士が解説します。

1、「賄賂(わいろ)」に関する犯罪|贈賄罪と収賄罪

刑法第25章には「汚職の罪」が規定されており、第197条から第198条の罪をまとめて「賄賂罪(わいろざい)」と呼びます。
賄賂に関する犯罪には「贈賄罪」と「収賄罪」があり、これらをあわせた呼び名が「贈収賄」です。贈賄罪と収賄罪は、処罰の対象とする主体や行為がそれぞれ異なります。

  1. (1)贈賄罪(ぞうわいざい)とは

    贈賄罪は、刑法第198条に規定されています。
    賄賂を『贈った側』を主体とする犯罪で、賄賂を贈ることで利益を享受した、または利益を得る目的で賄賂を贈ろうとした者を罰するものです。つまり、贈賄罪は公務員に賄賂を贈る、民間企業や民間人などを対象としています。
    賄賂に関する罪といえば、賄賂を受け取った側ばかりが注目されがちですが、賄賂を贈った側も厳しく罰せられるため注意が必要です。

    なお、賄賂にあたるものとして現金をイメージするかもしれませんが、刑法には賄賂の形態についての規定は存在しません。
    金銭に限らず、有価証券や飲食接待、スポーツやコンサートのチケットなどのほか、サービス利用に際して通常価格よりも特別な割引を適用するなども賄賂とみなされる可能性があります。

  2. (2)収賄罪(しゅうわいざい)とは

    収賄罪は、刑法第197条を基本とする犯罪です。
    賄賂を『収受した側』を主体とし、対象は公務員に限定されているので、賄賂を受け取った公務員を処罰するのが収賄罪です。

    収賄罪は、その態様によって罪名が変わります。

    • 受託収賄・事前収賄(刑法第197条2項)
      請託を受けて賄賂を収受した、または請託を受けて賄賂を収受したうえで公務員になった場合に成立する形態です。
    • 第三者供賄(刑法第197条の2)
      請託を受けて第三者に賄賂を供与させた場合に成立します。
    • 加重収賄・事後収賄(刑法第197条の3)
      賄賂を収受または、供与(要求、約束を含む)などさせたうえで公務員が不正な行為をはたらいた場合などは加重収賄に、公務員であった者が在職中に不正な行為をはたらいて退職後に賄賂を収受した場合は事後収賄が成立します。
    • あっせん収賄(刑法第197条の4)
      請託を受けて、ほかの公務員に職務上不正な行為をさせたことの報酬として賄賂を収受した場合に成立します。


    これらはいずれも、刑法第197条1項の罪を基本として加重するものです。ほかの加重類型と区別するために、基本となる贈賄罪のことを「単純収賄罪」と呼びます。

2、贈賄罪・収賄罪の構成要件

贈賄罪・収賄罪が成立するための構成要件を確認しましょう。

  1. (1)贈賄罪の構成要件

    贈賄罪が成立するのは、次の3点を満たす場合です。

    • 贈賄の相手が公務員であること
    • 公務員への贈賄が職務に関していること
    • 行為として「供与・申し込み・約束」があること


    贈賄罪が成立するのは、贈賄の相手が公務員の場合のみです。
    さらに、その公務員も『職務に関している』ことが必要なので、たとえば利害関係のない公務員に対して金銭などを贈っても賄賂としての性質がなく、贈賄罪は成立しません。
    また、行為として実際に賄賂を贈ることを意味する「供与」や、賄賂を贈るので便宜を図ってほしいと求める「申し込み」、便宜を図ってくれれば賄賂を贈ると密約などを交わす「約束」のいずれかが必要です。

  2. (2)収賄罪の構成要件

    収賄罪が成立するための構成要件は3つです。

    • 公務員であること
    • 賄賂の目的が職務に関していること
    • 行為として「要求・約束」があること


    収賄罪は、公務員を主体とする犯罪です。
    つまり、公務員の身分にある者、あるいは事後収賄のように公務員であった者を処罰の対象としています。このような特定の身分にある者を構成要件とする犯罪を「身分犯」と呼びます。

    次に、賄賂の目的が職務に関していることも必要です。
    贈賄側との利害関係が存在し、その職務の特性から贈賄側に対して便宜を図ることが可能であれば職務に関しているといえます。

    行為としては「要求・約束」が必要です。
    便宜を図ることを条件に賄賂を要求する、または賄賂と引き換えに便宜を図ることを約束した場合は、収賄の実行行為があったものとみなされます。
    実際に不正行為をはたらいたかどうかの事実は問わず、要求・約束があった時点で収賄罪が成立します。

  3. (3)贈収賄が成立する場合の流れ

    贈収賄が成立する流れとしては、大きくわけて2つのパターンがあります。

    • 贈賄側が積極的にはたらきかけるパターン
      公共事業に参入している企業などが、便宜を図ってもらう目的で担当者に賄賂の供与・申し込み・約束をはたらきかけるパターンです。
    • 収賄側が積極的にはたらきかけるパターン
      公務員が入札企業などに対して賄賂を要求するパターンです。官製談合のように、発注機関側である公務員が特定の入札業者の便宜を図って予定価格を漏らすなどの事例では、収賄側からの賄賂要求が目立ちます。


3、贈賄罪・収賄罪の罰則

贈賄罪・収賄罪は、特定の被害者が存在しない犯罪です。
ただし、公務の公平性が損なわれているという特性に着目すれば、広く国民・市民全体が被害者であるともいえる犯罪であるため、贈賄・収賄ともに厳しい刑罰が規定されています。

  1. (1)贈賄罪の罰則

    贈賄罪の法定刑は、3年以下の懲役または250万円以下の罰金です。
    収賄罪の罰則と比べると贈賄罪の処分は軽くなっており、3年で公訴時効を迎えるという特徴があります。

  2. (2)収賄罪の罰則

    収賄罪の罰則は、どの類型が適用されるのかによって変化します。

    • 単純収賄……5年以下の懲役
    • 受託収賄……7年以下の懲役
    • 事前収賄……5年以下の懲役
    • 第三者供賄……5年以下の懲役
    • 加重収賄……1年以上の有期懲役
    • 事後収賄……5年以下の懲役
    • あっせん収賄……5年以下の懲役


    また、収受した賄賂については、基本的には没収となり、全部または一部を没収できない場合はその価額について追徴を受けます。

    ここで注目したいのが、どの類型が適用された場合でも収賄罪の公訴時効が5年であるという点です。
    贈賄罪の公訴時効は3年で先に時効を迎えるため、賄賂のやり取りがあった時点から3年~5年の間に発覚すれば、賄賂を受け取った公務員だけが処罰を受ける事態になります。
    この点は警察・検察官も重々承知しているところであり、贈賄側の公訴時効が完成するタイミングを待って捜査を進め、捜査協力を得ながら収賄側だけを立件するといった事例もめずらしくありません

4、贈賄・収賄の容疑で逮捕された場合の流れ

贈賄罪・収賄罪の容疑をかけられて逮捕された場合は、その後、どのような手続きを受けるのでしょうか?

  1. (1)逮捕後に送致される

    警察に贈収賄事件の被疑者として逮捕されると、警察署の留置場で身柄を拘束されたうえで、事件に関する取り調べがおこなわれます。逮捕から48時間以内を期限として検察官のもとへと送致され、検察官の段階でも取り調べを受けます。
    検察官は送致から24時間以内に身柄を釈放するか、さらなる取り調べのために勾留を請求するかを検討します。

    なお、この段階までの最大72時間は、家族であっても面会は認められません。面会を許されるのは、接見交通権が認められている弁護士だけです

  2. (2)勾留による身柄拘束を受ける

    裁判官が勾留を許可すると、原則10日間、延長請求によってさらに10日間の、合計最大20日間にわたる身柄拘束を受けます。
    勾留が決定した被疑者の身柄は警察に戻されて、検察官による指揮のもと、捜査機関による取り調べが続きます。

  3. (3)検察官が起訴・不起訴を判断する

    勾留が満期を迎える日までに、検察官は起訴・不起訴の最終判断を下します。

    刑事裁判によって罪を問うべきと判断すれば起訴され、被告人として刑事裁判を受けることになります。被告人としての勾留は続き、保釈が認められない限りは身柄拘束が続くため、社会生活への影響は甚大なものになるでしょう。

    一方で、検察官が不起訴処分を下した場合は、刑事裁判は開かれません。
    不起訴処分が下された時点で釈放されるため、刑罰を受けることも、前科がついてしまうこともありません。

  4. (4)弁護士のサポートの必要性

    贈収賄事件の被疑者として逮捕されてしまった、または任意で取り調べを受けることになった場合は、直ちに弁護士に相談してサポートを求めましょう。

    特に、贈賄の疑いをかけられてしまった場合は、贈賄の事実があったのかが重要なポイントになります。
    贈賄の事実はなく、事実無根の容疑をかけられてしまった場合は、容疑を晴らすための具体的な供述や客観的な証拠が必要です。状況次第では、黙秘権を行使して自己に不都合な供述を避けるといった対応が有効になる場面もあるでしょう。
    贈収賄事件をはじめとする刑事事件の解決実績が豊富な弁護士に相談すれば、事件の内容を詳しく精査したうえで、認めるべき事実と否認するべき事実を正確に判断するなど、適切なアドバイスが得られます。

5、まとめ

会社や個人に便宜を図ってもらう目的で公務員に対して賄賂を贈る行為は、刑法の「贈賄罪」にあたります。賄賂を受け取った公務員側が注目されがちですが、賄賂を贈った側の会社・個人も厳しく罰せられるものと心得ておくべきです

贈収賄事件は社会の耳目を集めやすく、逮捕されてしまえば会社名や個人名が公開されてしまうおそれもあるため、不利益を被ることは避けられません。

贈賄の容疑をかけられてしまい、逮捕・刑罰を回避したいと考えるなら、刑事事件の弁護実績が豊富なベリーベスト法律事務所 仙台オフィスにお任せください。迅速に対応し、最善の結果を得られるようサポートします。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-359-186

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >
メールでのお問い合わせ

仙台オフィスの主なご相談エリア

【宮城県】
仙台市青葉区、仙台市宮城野区、仙台市若林区、仙台市太白区、仙台市泉区、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、刈田郡蔵王町、刈田郡七ケ宿町、柴田郡大河原町、柴田郡村田町、柴田郡柴田町、柴田郡川崎町、伊具郡丸森町、亘理郡亘理町、亘理郡山元町、宮城郡松島町、宮城郡七ケ浜町、宮城郡利府町、黒川郡大和町、黒川郡大郷町、黒川郡富谷町、黒川郡大衡村、加美郡色麻町、加美郡加美町、遠田郡涌谷町、遠田郡美里町、牡鹿郡女川町、本吉郡南三陸町

【福島県】
福島市、二本松市、伊達市、本宮市、郡山市、須賀川市、田村市、白河市、会津若松市、喜多方市、相馬市、南相馬市、いわき市、桑折町、国見町、川俣町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、三春町、小野町、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津坂下町、柳津町、三島町、金山町、会津美里町、下郷町、只見町、南会津町、広野町、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、新地町、大玉村、天栄村、玉川村、平田村、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村、北塩原村、湯川村、昭和村、檜枝岐村、川内村、葛尾村、飯舘村

【山形県】
尾花沢市、上山市、寒河江市、酒田市、新庄市、鶴岡市、天童市、長井市、南陽市、東根市、村山市、山形市、米沢市、寒河江市、上山市、天童市、東根市、尾花沢市、新庄市、米沢市、長井市、南陽市、鶴岡市、酒田市、朝日町、飯豊町、大石田町、大江町、小国町、金山町、河北町、川西町、庄内町、白鷹町、高畠町、中山町、西川町、舟形町、真室川町、三川町、最上町、山辺町、遊佐町、山辺町、中山町、河北町、西川町、朝日町、大江町、大石田町、金山町、最上町、舟形町、真室川町、高畠町、川西町、小国町、白鷹町、飯豊町、三川町、庄内町、遊佐町、大蔵村、鮭川村、戸沢村、村山市、村山市、大蔵村、鮭川村、戸沢村

【岩手県】
盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町

【秋田県】
鹿角市、大館市、北秋田市、能代市、秋田市、男鹿市、潟上市、由利本荘市、にかほ市、大仙市、仙北市、横手市、湯沢市、小坂町、藤里町、三種町、八峰町、五城目町、八郎潟町、井川町、美郷町、羽後町、上小阿仁村、大潟村、東成瀬村

【青森県】
青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市、平内町、今別町、外ヶ浜町、鰺ヶ沢町、深浦町、藤崎町、大鰐町、板柳町、鶴田町、中泊町、野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、おいらせ町、大間町、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、蓬田村、西目屋村、田舎館村、六ヶ所村、東通村、風間浦村、佐井村、新郷村

上記地域にお住まいの方

ページ
トップへ